部屋の片付けや遺品やゴミ屋敷などの整理、処理ならロングテールジャパンにお任せ下さい。/

ゴミ屋敷や大量ゴミなどの危険性について

 相模原市での出来事ではありませんが先日、ある現場で失踪された方の片付けということでお部屋の片付けをご依頼いただきました。

 部屋の規模は1DK(4.5畳の台所と8畳の洋室)の間取りでしたがおおむね全体的に腰ぐらいの高さぐらいから壁際にかけて天井付近まで荷物が高積みされている現場でした。

 全体的には雑誌や本などが8割方を占めていてそれ以外はDVDやCDなどおおむね趣味で購入されたものがほとんどでした。

 よく言うゴミ屋敷というよりも趣味のものを捨てれない方なのではというのが第一印象でした。

 前年見積もりにお伺いしたときに台所付近の荷物は先に片づけたいということだったのでその部分の片付けと奥の八畳部分の見積もりをその日は行い、年明けに作業日が決定したのでその日が来るまで屋内にはお伺いすることはありませんでした。

 作業は複数日での作業を予定していたのでまずは導通の確保のため台所から洋室、ベランダに抜ける導通を作るために一直線に部屋の中の荷物を片づけていきました。

 お昼ぐらいまでかかりベランダ側の窓が開き台所側からはさんで片付けを行っていったときにそれは見つかりました。

 ご察しの通りではありますがお部屋の居住者でであるご本人様のご遺体でした。

 私たちもまさか大量に本や雑誌が重ねてあり、片づけ始めた高さから30cmも下にご本人のご遺体があるとは想像だにしませんでした

 今回のご依頼は実のご兄弟の方で東京に来る機会があってもご兄弟の家に泊まることが今までなくこのような状態になっていること自体、今まで知らなかったことや初めて入った時から現状の状態だったこともあり全く気付かなかったとのことでした。

 また、今回片付けに至った理由も勤務先を無断欠勤していたため、遠方にいるご親族がすぐに対応できないので先月の初めぐらいに警察の方と大家様が早い段階で見に窺っていたのですが現状がこの状態で雑誌や本に埋もれていたため気づかれることなく1か月以上その状態で放置されていました。

 当然ここからは警察の方に実況見分をしてもらい、現場の状態からの事件性の判断や検死などを行い数日後、ご依頼者様から直接の死因になったのはくも膜下出血であることを教えていただきました。

 今回、なぜ、この件について書かせていただいた方いうとこのような案件から考えられる危険性をもっと多くの方に発信できたらと思い書かせていただきました。

 今回の状況は現場検証の結果、くも膜下出血で激痛に見舞われたご本人様が痛みにのたうち回った際、高積みした荷物に当たり、きれいに積んでいた荷物がバランスを失い一気になだれのように流れていき覆いかぶさってしまたということが大筋の見解であるとのことでした。

 確かに片付けを行っていたときにご遺体のあった場所に向かってすべての本や雑誌がなだれ込んでいき下側の荷物を片づけていてもどんどん高積みしている荷物が崩れ雪崩れてきていたのでこの状況は信憑性があるものと思います。

 ただ、もしこの現場が通常の生活をしている方のお部屋であれば無断欠勤して数日程度の日数でご本人が見つかっていたのではないかと思います。

 また、今回の直接の死因はくも膜下出血であるとのことでしたが皆様もご存知の通り雑誌や本などは見た目以上に荷物の重さがあります

 今回この部屋から出てきた紙類の総重量は約4.5トンありました。運び出し体積は12㎥相当です。
 
 これから考えてみても1㎥当たりの重量は375キロあります。
 体全体は30cm以上雑誌の山に埋もれていたので間違いなく体全体に100kg以上の重さが全体にかかっていたことは間違えありません。

 また、乱雑に重なった雑誌は密閉度が高いということも侮ってはなりません。
 私たちは遺体が出てきたときに一番最初に考えたのは窒息死ではないかと思いました。雪崩の一番の死因は雪の重さと密閉度がもたらす窒息死であるという統計があるからです。

 実際、雪と違いそれほどの重量ではないので上のものを払うこともできるかもしれませんが老人や非力な方などには難しいかもしれません。そのぐらいに今回はきれいにすっぽりと雑誌などにかぶってしまっていました。

 また、今回は冬場ということもありご遺体もそれほど痛みがなかったことが幸いだと思いました。
ご依頼者であるご親族様がなんでこんなとこにと悔やんでおりましたが、失踪したまま何年も待ち続けるよりはっきり身元が分かる状態で出てきてくれてまだよかったとおっしゃっていたのが印象的でした。

あまり伝わらないかもしれませんがゴミ屋敷は自分だけのことではありません。
今回は亡くなった方が喫煙などをする方ではありませんでしたが喫煙中にくも膜下出血で倒れた場合は火事になる可能性もあります。
その場合は荷物の量が多いので消火活動などを一層困難にします。
また、共同のアパートやマンションの場合は近隣の方などに大きなご迷惑をおかけすることや火災以外でも思いもよらない偶然が重なり発見が遅れ気づかないうちに亡くなってしまうこともあります。
さらには早期に発見されていれば助かる命だったかもしません。

上記以外でももし途中でご本人が亡くなってしまった場合、その部屋を片づけるのは連帯保証人の方やご親族になるということも考えておかなければなりません。

その点を考えると普通に生活ができる状態に普段から心がけ、適度に不要なものを整理して置くことはやはり重要だと思います。

また、今回のようなゴミ屋敷でなくなってしまう方を少しでも減らせればいいかと思います。

私たちのような業者に頼らなくても片づけられるのが一番いいとは思いますが、自分では難しい、個の量は自分では捨てれないなどでお困りで投げだしてしまった方がいましたら是非ご相談ください。

少しでもお客様のご都合に合わせて作業をさせていただくつもりです。

まずは、片付けの一歩のお手伝いのためにもご相談いただければと思います。 

大変長文になってしまい申し訳ありませんでした。

 

 

 

 
 

一覧へ戻る

相模原市の部屋の片付けや遺品やゴミ屋敷などの整理、処理 対応エリア

相模原市での遺品整理やゴミ屋敷などの部屋の片付け・処理ならお任せ下さい

相模原市・遺品整理・ゴミ屋敷・部屋の片付け 主要エリア

※神奈川県相模原市での各種片付けサービスについては以下地域にて行っております。

相模原市・遺品整理・ゴミ屋敷・部屋の片付け 主要エリアマップ

■相模原市主要対応エリア
相模原市南区,中央区,緑区 を含む神奈川県全域

  • 遺品整理
  • お部屋の片付けはこちら
  • 店舗事務所の片付けはこちら
  • ゴミ屋敷の片付けはこちら
  • 家一軒分の片付けはこちら
  • 不要品の回収サービスはこちら
  • バイクの引き取り・無料回収サービスはこちら
当サイトの運営管理者の紹介
相模原市の部屋の片付けや遺品やゴミ屋敷などの整理、処理などの受付・見積もり担当の岡村です。
神奈川県主要サービスエリア(相模原市南区,相模原市中央区,相模原市緑区など)でのお客様との細かなご相談や作業の流れ、お支払い方法などのご質問、その他詳細の対応や事前見積もりの受付・ご予約などは私が担当しております。 ホームページでわからない事やご不明な点など何でもお気軽にご相談ください。ご連絡お待ちしております。